2020年7月11日土曜日

7月11日号

 ●MICHIKO作品展「祈り」
 8月31日(月)まで(祝日除く(木)休み)、9・00~18・00、戸隠の喫茶ランプ。作品大小15点を展示。(問)(電)254・2360

 ●企画展「邪滅の刀~破邪の願いを込めて」
 9月6日(日)まで(祝日除く(月)休み)、9・00~17・00、坂城町鉄の展示館。料金/一般400円。中学生以下、障害者手帳保持者は(無)。収蔵品の中から破邪の願いを込めて製作した物や、神社に奉納した22点を展示。(問)(電)0268・82・1128

 ●半田裕美水彩画展 
 7月13日(月)~19日(日)、8・00~19・00((土)17・00、(日)16・00終了)、千曲市民ギャラリー(屋代駅舎内)。(無)。地元の風景を中心に約30点。(問)半田(電)272・2708

 ●鷲森秀樹油絵展
 7月16日(木)~22日(水)、10・30~18・30(22日16・00終了)、ながの東急別館シェルシェ4階美術サロン。(無)。渡欧時に描いたペンの風景画や新作の油絵など約30点を展示。(問)(電)226・9609

 ●写友ともしび 若槻写友会 合同写真展
 7月17日(金)~22日(水)、10・00~18・00(22日16・00終了)、新田町のもんぜんぷら座3階市民ギャラリー。半切作品56点を展示。(無)。マスク着用で来場を呼び掛け。(問)会津(電)241・3962

2020年7月4日土曜日

7月4日号

 ●キミ子方式自然画教室作品展「戸隠の生きもの水彩画展」
7月30日(木)まで((水)休み)、9・00~17・00、戸隠鏡池どんぐりハウス2階ギャラリー。(無)。受講生の作品約30点。体験教室を7月5日(日)、14日(火)、28日(火)の13・00~15・00に開催。参加費1回1000円。要予約。マスク着用。(申)(問)(電)254・3719

●日詰静琴×平田真澄 二人展
8月18日(火)まで((水)休み)、9・00~17・00、飯山市飯山の高橋まゆみ人形館Cafe「花あかり」内特設展示コーナー。(無)。和紙作家・平田さんの「内山紙」と書家・日詰さんの書によるアクセサリー、フォトスタンド、額装品など約50点を展示販売。(問)同館(電)0269・67・0139

●写真展「自然と文化の融合する道」
7月6日(月)~8月7日(金)((土)(日)祝日休み)、9・00~16・00、新田町のギャラリープラザ82。(無)。妙高戸隠連山国立公園の風景とロングトレイルを紹介する写真展。環境省職員が撮影した約30点を展示。(問)(電)224・0511

●越後焼 妙高赤倉窯 栗山像心 作陶展
7月9日(木)~15日(水)、10・30~19・00(15日16・00終了)、ながの東急別館シェルシェ4階美術サロン。(無)。茶陶と日々の器を展示。(問)(電)226・9609

2020年6月27日土曜日

6月27日号

 ●伝統アイヌ刺繍作品展
 6月30日(火)~7月12日(日)、9・00~17・00(30日は12・00開始、12日14・00終了)、東町のちょっ蔵おいらい館。(無)。福岡洋子さんの作品。(問)福岡(電)090・6537・5690

 ●7月の企画展
 7月1日(水)~25日(土)((火)休み)、10・00~17・00、北屋島の屋島近代美術館。(無)。洋画は西沢今朝夷展。日本画は佐久間雲窓、倉島丹浪、福田浩湖を展示。(問)(電)259・5033

 ●中村真美子 銅版画展
 7月2日(木)~8日(水)、10・30~18・30(8日16・00終了)、ながの東急別館シェルシェ4階美術サロン。(無)。テーマ「変わってゆくもの・変わらないもの」。4日(土)、5日(日)に作家在廊。(問)(電)226・9609

2020年6月20日土曜日

6月20日号

 ●松代城に飛来した白サギ写真展
 6月30日(火)まで、9・00~16・00、松代町の旧樋口家住宅。(無)。写真撮影は小俣光弘さん。主催/夢空間松代のまちと心を育てる会(電)278・2189

 ●吉田章二・豊田富晴・鎌倉俊文3人展
 6月23日(火)~28日(日)、9・30~17・00((土)(日)10・00~)、中御所岡田のギャラリー82。(無)。吉田さんと鎌倉さんのパステル画・アクリル画と豊田さんの油彩画を展示。(問)(電)224・0511

2020年6月13日土曜日

6月13日号

 ●「浮世絵にみるあかり 源氏絵の中のあかり」企画展
 6月16日(火)まで、9・30~16・30(当面の間)、小布施町の日本のあかり博物館。入館料/一般500円、高大生400円、小中生(無)。(問)(電)247・5669

 ●無垢 津田清和/硝子
 6月22日(月)まで((火)休み)、11・00~18・00、大門町の夏至(ぱてぃお大門2階)。器、蓋(ふた)物、花器、酒器など多様なガラス作品。同店とオンラインで同時開催。(問)(電)237・2367

2020年6月6日土曜日

6月6日号

 ●近代巨匠陶芸展
 6月10日(水)まで、10・00~19・00(10・30~18・30の場合あり、10日16・00終了)、ながの東急別館シェルシェ4階美術サロン。(無)。(問)(電)226・9609

 ●絵と絵展
 8月23日(日)まで((水)(木)休み)、9・00~17・00、山ノ内町の志賀高原ロマン美術館。入場料/一般500円、小中学生300円。長野市出身の疋田義明さんと今井あみさんの作品50点余を展示。(問)(電)0269・33・8855

 ●上條真三留 油絵展
 6月11日(木)~17日(水)、10・00~19・00(17日16・00終了)、ながの東急別館シェルシェ4階美術サロン。(無)。信州の風景を写実した作品約30点。(問)(電)226・9609

 ●真砂三千代 初夏の衣展
 6月12日(金)~23日(火)((水)休み)、11・00~18・00((日)、23日17・00終了)、東後町のガレリア表参道。(無)。広い空間の会場に優しい着心地の服を展示。(問)(電)217・7660

 ●アエリーのシャドーボックス工房「額中の紙の世界へようこそ」
 6月13日(土)~20日(土)、9・00~17・00、松代町の山寺常山邸書院。(無)。湯本千絵さんとその門下生のシャドーボックス作品を展示。山寺常山邸開館15周年記念。主催/山寺常山邸協力会。(問)(電)278・0260

2020年5月30日土曜日

5月30日号

 ●昔の名前で出ています…風子の絵足紙の世界「宇宙のかけら」
 6月21日(日)まで((火)休み)、9・30~16・30、小川村郷土歴史館。(無)。冨永房枝さんが足でつづった大きな絵足紙作品約30点を展示。同時に小川村在住の演出家丸田勉さんが撮影した冨永さんの「宇宙のかけら」制作過程の写真を公開。(問)(電)269・2270